ねじまき鳥クロニクル | 村上春樹

この本の「テーマ性」や「思想」については頭の片隅で意識しつつ、感じるままに読み進めるのが心地よい作品。
できればおもいっきり非日常の空間で。