巷説百物語 | 京極夏彦

彼らが操るあやかしの姿は、人間の深き業への裁きか、弔いかー
後に残るのは冬晴れの空のような喪失感。